電話・FAX・プリンタ・コピー・スキャナを1台で~プリビオ MFC-J990DN

皆さんは、ご自宅でプリンタやスキャナーは利用されているでしょうか?自宅でこれらの機器が使えると、非常に便利な反面、場所を取るなどの悩みがあるのではないでしょうか。そのような方には、ブラザーの複合機プリビオ(旧マイミーオ)をおススメします。このたび、プリビオの最新機種であるMFC-J990DNを購入したので、使い勝手などをご説明します。

P1170139

プリビオのメリット

□電話・FAX・プリンター・コピー・スキャナーの機能が一体になっており省スペース
□基本的に電源入れっぱなしなので、好きな時にコピー・プリンタが利用できて手軽
□それぞれの機器を別々に購入するよりも安価

プリビオのデメリット

■プリンタの画質はさほど良くない
■一体なので、一部が故障すると全部買い替えになる

機器の設置

箱を開けると、以下の本体・付属品が入っていました。

P1170137

設置・設定は「かんたん設置ガイド」に沿って行えば難しくありませんが、本体左側の受話器を置く台を取り付ける際、プラスチックのカバーが非常に取れにくくなっています。以下の写真は、カバーが取れた後のものです。私は、力づくで取りました・・・。また、本機器はWifi経由で印刷やスキャンができますが、それらの設定も難しくありませんでした。

P1170140

MFC-935CDNとの比較

実は私は、以前の機種であるMFC-935CDNからの買い替えです(MFC-935CDNは、数枚印刷するたびにエラーが発生するようになりました)。機器のサイズは、横幅はほぼ同じですが、奥行きが少し大きくなっていました。

P1170143

P1170144

さらに、背面の多目的トレイ(給紙トレイ)を開けると、さらにスペースを必要とします。しかし、用紙はMFC-935CDNと同様に本体手前の給紙トレイに入れておけば良いので、大量印刷時以外は開く必要はないかと思いますが、狭い場所に設置する場合は注意が必要です。

P1170145

MFC-935CDNと比較して良い点は、①スマホからの印刷が楽になった点と②両面印刷が可能になった点です。①は、Air Printに対応したので、iPhoneやiPadからの印刷が格段に楽になりました。前の機種でも、アプリを使用するとiPhone・iPadからの印刷ができたのですが、Webのコンテンツを印刷する際、わざわざアプリ経由でブラウジングする必要があったので、結構面倒でした。②については、紙の節約になるので助かっています。

また、本機器は家庭用にしては珍しくADF(自動原稿送り装置)がついていますので、オフィスの複合機でよくある「原稿を流す」という処理ができます。ですので、複数枚の原稿をスキャン・コピー・FAX送信する際は、1枚1枚原稿をセットしなくてよいので非常に楽です。

そして何より(前の機種もそうですが)、これまで私はコピーやスキャナを使用する際は、その都度機器を出してきて使っていたのですが(常設する程、頻繁に使わないので)、ケーブルも繋がずにWifi経由で印刷(しかも、iPhoneやiPadで)できるのは、この上なく手軽です。

これだけの機能がついて、実勢価格が3万円を切っていますので(2016年2月現在)かなりお得だと思います。複合機を探している方は、検討してみはいかがでしょうか?

・以下はメーカーのサイトなど
http://www.brother.co.jp/product/printer/inkjet/mfcj990dn/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です