Netatmo ウェザーステーションで取れるデータは?

皆さんは、「Netatmo ウェザーステーション」をご存じでしょうか?2万円程度(2014年6月時点)で室内外の温室度環境などを手軽に計測できる環境観測機器です。個人で、「室内外温度を計測しよう」という方はあまりいないと思いますが、これまで熱電対+ロガー、おんどとりなどで計測を行う機会があった方には、良い代替品になると思います。特に、実験用途として最適です。

ウェザーステーションで何ができるの?

ウェザーステーションサイズ

ウェザーステーションは、「屋外器」「屋内器」の2つに分かれており、それぞれ以下の項目を測定できます。

【屋外】温度、湿度

【屋内】温度、湿度、CO2濃度、騒音値、気圧

ウェザーステーションは、専用の無料アプリ(iOS、アンドロイド版あり)でデータ(現在値)を確認することができます。また、Wifi経由で約5分おきに自動的にデータがロギング(データの記録)をされます。おんどとりで温湿度計測するに対し、わざわざ現地にデータを取りに行く必要がなく、ネットワーク上からデータをダウンロードできる点が非常に便利です。データの形式は、以下のとおりです。(上:屋外、下:屋内)

屋外データ1 屋内データ1

データの取得方法

ウェザーステーションのメーカサイトよりログインすることでダウンロードが可能です。おフランスのメーカなので、多少わかりにくいかも知れませんが...

http://www.netatmo.com/site

ユーザ登録を行ったうえで、上記サイト右上のLoginボタンよりLoginサイトに飛び、ユーザ名(メールアドレス)とパスワードを入力すると管理画面(ここは日本語に対応しています)に入れるのですが、その中の設定ボタン(歯車アイコン)をクリックしステーション名をクリックすると、「データダウンロード」の選択肢が出てきます。ダウンロードしたファイルは、私の環境下では、ファイル名の文字化けで拡張子落ちがありましたが、ファイル名を変更し、適切な拡張子(csv、xlsなど)を追記すれば問題なしです。

設置方法

屋外器は電池駆動(単4×2)なので、基本的に好きな位置に置けますが、直接雨が当たらない場所、直射日光が当たらないにする必要があります。下の写真のように、専用の取り付け治具(マジックテープで取り付けるもの)がついています。

ウェザーステーション屋外ウェザーステーション屋外設置

屋外器の中を見ると、一応パッキンで防水されているようなので、多少水がかかっても問題ないかと思います。正確に計測するという点では、百葉箱みたいものに入れるほうが良いのかも知れません。ちなみに私は、マンションのベランダにある、エアコン用のドレンのダクトに付けています。

ウェザーステーション屋外中身 ウェザーステーション設置状況

屋内器については、(通信の関係上)屋外器から比較的近い位置で、100V電源が取れる位置であれば、どこでも構いません。

 おんどとりの違いは?

ウェザーステーションと同様に温湿度を計測できる機器として、おんどとりが有名ですが、それに対するメリット・デメリットをまとめてみました。

【ウェザーステーションを選ぶメリット】

  1. 計測項目が多い(室内のみですが、おんどとりでは騒音・気圧・CO2濃度は測れない)※別ユニットの購入で、降水量も測定可能
  2. 室内・室外の両方を測定する場合、割安である(おんどとりは、安いもので1台1.5万円程度)
  3. 現地に行かなくても、データをWebから入手できる
  4. データの保存容量の制限が無い
  5. データの変換が容易(csv形式で直接ダウンロード可能)
  6. 専用のソフトウェア開発キットを使いプログラミングが可能(私は試していませんが、入手したデータを監視してエアコンなどの家電を制御することも可能なようです)

【ウェザーステーションのデメリット】

  1. 計測箇所が屋内・屋外のいずれかの場合、やや割高になる
  2. 100V電源とWifiが必要なので、設置場所が限られる
  3. スマホ・タブレットが無いと取扱いにくい

こんなところでしょうか。これを参考に、導入を検討してみて下さい!

 

手軽に電気代を下げる方法

先日は、北海道における一般的な光熱費を試算してみましたが、今回は「手軽に電気代を下げる方法」について考えてみたいと思います。

詳細は後日説明しますが、電気の使用量は①世帯人数延床面積テレビの視聴時間と相関性が高くなっています。つまり、①住んでいる人が多ければ多いほど②家が広いほど③テレビを長く見るほど電気代が高くなる傾向にあるということです。

まず、①世帯人数についてですが、こちらはどうしようもありません。人は減らしようがなく、対策は無いので諦めましょう。

②についても、家を狭くすることは現実的でないので、一見諦めるしか無さそうですが、こちらは対策のうちようがあります。なぜなら、「家が広い」→「照明に電気が必要」→「電気代が上がる」ということに他ならないからです。そこで、ここでは照明の変更について、おススメしたいと思います。

皆さんがお使いの照明は、何でしょうか?白熱電球・電球型蛍光灯・LEDといろいろありますが、メインの居室に白熱電球をご使用の場合は、間違いなく電気代の増加に繋がりますので、電球型蛍光灯かLEDへの交換をおススメします!ちなみに我が家は、リビングの電球×8を白熱電球から電球型蛍光灯に変更しただけで、月に1,000円以上電気代が下がりました。白熱電球との価格差を考慮しても、数か月で元がとれるレベルです。

ちなみに、それぞれの特徴ですが・・・(※白熱電球60W程度の明るさで比較した場合)

【白熱電球】100円/個程度、消費電力57W程度、寿命2~3,000時間程度?(電球型蛍光灯の1/4程度と言われている)、付けたり消したりする場合の応答性に優れているので、長時間使わない場所(玄関、廊下、トイレ等)に使用するのに向いていると思います。最近、生産中止したメーカも多いです。

【電球型蛍光灯】650円/個程度、消費電力11W程度、寿命10,000時間、LEDに比べて比較的安価であり、消費電力はほぼLED並みなので、あまり費用をかけずに電気代を下げたい場合におススメです。点灯時の応答性が若干悪く、頻繁にON/OFFすると寿命が縮むという話もあるので、比較的長時間使う場所(居間、居室等)に向いています。ちなみに我が家では、浴室でも使用しています。また寒さに弱いらしく、冷凍室で使用したら、全然明るくならずに困った経験があります。

【LED】1,200円/個程度、消費電力9W程度、寿命40,000時間、他と比べると高いですが、これでもだいぶ安くなったと思います。消費電力は電球型蛍光灯とあまり変わりませんが、寿命が長いため交換が難しい場所(吹き抜けの天井等)にも向いています。高いので、どうせ買うなら長時間使う場所(居間、居室等)で使ったほうが良いと思います。また、ON/OFFによる寿命の低下がなく消費電力も小さいため、非常用の照明にも向いていると言えます。

まだ、白熱電球をご使用の場合は、付け替えを検討されてはいかがでしょうか?!

③テレビの視聴時間については、テレビを付けっぱなしにする代わりにラジオを聴くというのも良い手段かと思います。電池式のラジオが1台あると、非常にも役に立ちますし。

それでは、無理せず手軽に電気代を減らしましょう!

北海道における一般的な光熱費は?

電気代・ガス代・灯油代などの光熱費を、年々負担に感じる方が増えているのではないでしょうか?実際に、家庭の消費支出に対する光熱費の割合は、年々伸びているという調査結果もあります。

それでは、北海道(代表例として札幌)における平均的な光熱費とは、いくらくらいになるのでしょうか?「住環境計画研究所 家庭用エネルギーハンドブック」によると、北海道における一世帯あたりの暖房・給湯・電力(照明・家電・ほか)のエネルギー消費量はそれぞれ、35,908MJ/年、14,638MJ/年、18,128MJ/年となります。この数字から年間の光熱費を計算すると・・・

【暖房・給湯は灯油、調理はIHを使用する場合】灯油:18.4万円、電気:17.4万円→合計:35.8万円

【暖房・給湯・調理は都市ガスを使用する場合】ガス:19.8万円、電気:14.8万円→合計:34.6万円

【オール電化(電気温水器、電気ボイラー)の場合】電気:40.8万円→合計:40.8万円

となります。なお、電気料金は北海道電力の従量電灯B契約電力40A、ガス料金は北海道ガスゆ~ぬっく24ネオ、灯油料金104.91円/L(札幌市消費者センター調べ:石油小売価格調査 灯油多量配達料金の平均値)、燃料調整単価などは現時点での最新値を使い計算しました。

世帯構成や住宅の断熱性能などによっても大きく変わりますが、上記の料金より多い場合は、節約の余地があるかも知れません。