カテゴリー別アーカイブ: エネルギー

北海道の電力小売り自由化

電力小売り自由化とは?

最近ニュースなどで、「電力小売り自由化」という言葉をよく聞くようになってきましたが、どのようなものなのか皆さんご存知でしょうか?簡単に言うと、2016年の4月から一般家庭でも既存の電力会社(北海道でいうと北海道電力、以下ほくでん)以外の会社から電気を買うことが出来るようになります、ということです。

これまでは、ほくでんの独占状態だった

今まで我々は、電気はほくでんから購入する以外の選択肢はありませんでした。これは、国の規制により「北海道で一般家庭向けに電気を販売するのは、ほくでんだけ」と決められていたからです。しかし、ほくでんは独占の代わりに、「値上げの際は国の認可が必要」「北海道内で電気が必要な人には、必ず供給しなければいけない」などの決まり事を課せられています(独占なので、当たり前ですよね)。

これからどうなるの?

しかし、この4月からは自由化されるため、消費者はほくでん以外から電気を購入する選択肢ができることになります。実際、北海道においても「北海道ガス(北ガス)」「コープ札幌」「エネット」などの会社が電力販売参入を発表しており、いずれもほくでんより安い料金で販売するようです。電気は全て電線で繋がっているので、別の電力会社から購入したからといって品質が変わる訳でもなく、「停電しやすくなる」というようなことも起こりえません。だったら、安い方が単純に得ですよね?

既存の電力会社はどうするのか?

このような自由化の動きは、関東などではさらに激しく、多くの企業が参入の意思表明をしています。そして、既存の電力会社である東京電力でも、対抗策としてお得な新メニューを発表しています。

しかし、ほくでんはどうでしょう?泊3号機の建設により、原発依存度が高まっていた矢先に震災が発生したため、経営が圧迫されて2度に渡る料金値上げを行っています。実は、10社ある既存の電力会社の中でも、震災後の値上げ率はほくでんが圧倒的に高くなっています。このような状況で、ほくでんが値下げ競争に参加できるとも思えません(仮に安い料金を発表したとすれば、これまでの値上げは何だったんだ!という事になりますよね)。

4月の販売解禁に向け、各社より料金の詳細が発表されると思いますので、注目したいところです。当ページでも、引き続き新しい電力会社(新電力)の動向に注視し、料金の比較なども行っていきたいと思います。

北海道における一般的な光熱費は?

電気代・ガス代・灯油代などの光熱費を、年々負担に感じる方が増えているのではないでしょうか?実際に、家庭の消費支出に対する光熱費の割合は、年々伸びているという調査結果もあります。

それでは、北海道(代表例として札幌)における平均的な光熱費とは、いくらくらいになるのでしょうか?「住環境計画研究所 家庭用エネルギーハンドブック」によると、北海道における一世帯あたりの暖房・給湯・電力(照明・家電・ほか)のエネルギー消費量はそれぞれ、35,908MJ/年、14,638MJ/年、18,128MJ/年となります。この数字から年間の光熱費を計算すると・・・

【暖房・給湯は灯油、調理はIHを使用する場合】灯油:18.4万円、電気:17.4万円→合計:35.8万円

【暖房・給湯・調理は都市ガスを使用する場合】ガス:19.8万円、電気:14.8万円→合計:34.6万円

【オール電化(電気温水器、電気ボイラー)の場合】電気:40.8万円→合計:40.8万円

となります。なお、電気料金は北海道電力の従量電灯B契約電力40A、ガス料金は北海道ガスゆ~ぬっく24ネオ、灯油料金104.91円/L(札幌市消費者センター調べ:石油小売価格調査 灯油多量配達料金の平均値)、燃料調整単価などは現時点での最新値を使い計算しました。

世帯構成や住宅の断熱性能などによっても大きく変わりますが、上記の料金より多い場合は、節約の余地があるかも知れません。