ワイヤレス充電器の比較

みなさん、こんにちは。

アンドロイド使いの方にとっては今更かも知れませんが、iPhoneユーザにとってワイヤレス充電は待ちかねた機能だと思います。私は、あまりに嬉しくて3種類も充電器を購入してしまいましたので、性能を比較してみようと思います。

①belkin(ベルキン)ワイヤレス充電パッド

Apple周辺機器のサードパーティーとして有名なベルキンの商品です。実売価格は3,500円程度だと思います。家電量販店でも良く見かけるタイプです。iPhone対応をうたっており、安心できる1品です。家電量販店でみかけるタイプの中では、比較的安価なものです。

②FANTASY  WIRELESS CHARGER

よくわからないメーカーのワイヤレス充電器です。ネット通販でよく見かける商品で、家電量販店では見たことがありません。実売価格は、多分1,300円くらいです。

③Tovys wireless charging pad

これまた、よくわからないメーカーの充電器。とても小型&軽いです。実売価格は1,000円くらい。多分、一番安いです。量販店では見かけません。

□充電速度は?

それぞれ、iPhone8のバッテリー残容量が70%のときから、満充電になるまでの時間を計測してみました。いずれも、iPad用の大きい充電器に繋げた際の結果です。ワイヤレス充電器は、基本的に2.1Aの電流値が必要なので、iPhoneに付属の充電器では動きません。

①121分(90%充電まで68分)

②69分(91%充電まで36分)

③73分(92%充電まで38分)

結果ですが、以外にベルキンが遅かったです。値段も一番高いので、充電速度も速いと思ったのですが・・・

□使い勝手

①ベルキン

特に問題ありません。快適に使えます。しいて言えば、iPhoneを載せる部分にズレ防止のラバーなどが無いので、マナーモードで充電している際に通知があると、位置がズレて充電が止まっていることがあります(下の写真のように)。充電時は、マナーモードをOFFにしておいた方が良いです。

②FANTASY

こちらは、これと言って問題がありません。充電時に本体が青く光るので、わかりやすいです。

③Tovys

こちらは、いくつか問題があります。まず、本体が小さく充電時に光るLEDも小型なので、置き方によっては、充電しているのかどうか全くわかりません(写真上:縦に置くとLEDが見えません、写真下:横に置くとLEDが見えます)。

また、iPad付属ではない、もっと安い2.1Aの充電器に繋げて充電を行った際に、充電量95%付近で不安定挙動がありました。私の使っているケースが多少厚めなのも関係あるかも知れませんが、充電ON/OFFが頻繁に切り替わるようになり、うまく充電できませんでした。

□結論

価格・充電速度・使い勝手を考慮すると、FANTASYの充電器が最も優れていると言えます。これと言った欠点がなく、快適に使えます。但し、寝室などに置いて使う場合は、夜中に眩しく感じる可能性があるかも知れません。

また、家電量販店でもワイヤレス充電器はよく見かけますが、はっきり言って高すぎだと思います(3,000円以上のものが多いです)。Amazonや楽天で、今回ご紹介したFANTASYのような十分な性能をもった機器を1,000円程度で購入できることを考えると、あえて家電量販店で購入する必要は無いかと。また、高価な充電器の中には高速充電をうたうものもありますが、iPhoneを置いておくだけで充電できることから常時充電がしやすいため、個人的には充電速度が気になるケースがほとんどありません。

私は、自宅リビング・自宅寝室・会社の3か所に設置することで、常時iPhone満充電を保つようにしています。ケーブルを抜き差しする煩わしさが無いので、非常に快適です。iPhone8・8S・Xの方はもちろんですが、それ以前の機器をお持ちの方も、500円程度のレシーバーを購入すればワイヤレス充電ができますよ。

これらの充電器ですが、欲を言えばApple純正(2018年発売予定)のように、Apple Watchも充電できると良いのですけどね~(充電できるかどうか、Apple Watchを載せてみましたが、どの機器も充電できませんでした)。今後、そのような機能もある安価な充電器が出てくると良いですね!

楽天ふるさと納税でステーキ!!

みなさん、こんにちは。

寒い季節になってきましたね!こういう時は、肉を食べてパワーアップしたいものですね(年中食べているという話もありますが・・・)。クリスマスにステーキを食べるというのも、良いのではないでしょうか?ご家族へのプレゼントとしても使えそうですね!しかし、良い肉は高いです・・・そこで、ふるさと納税です!

ふるさと納税は、実質2,000円で各地の返礼品などを貰えるお得なシステムです。詳細は、こちらをご覧ください。返礼品の中でも、特にお肉はたくさんの種類があり、迷ところです。私は、大阪府泉佐野市のステーキを、楽天ふるさと納税でGETしました!楽天の場合は、返礼品だけでなくポイントも付与されるので、さらにお得です。

そんなわけで、お肉が木の箱に入って届きました。良いサシ入っていますね!250g×2枚なので、たっぷり楽しめます。

そして、クリスマスまで待てませんので、さっそく焼いてみます!たっぷりのガーリックバターと塩こしょうで、シンプルにいきます。

もうちょっとレアでも良かったかも知れません。しかし、しっかり焼いた割に柔らかったです!スジもあまりなく、ナイフを入れるとスッと切れます。油好きの私には、たまらない味でした。普段はあまり肉を好まない妻も、美味しいと言っていました(但し、油のせいで少量しか食べられない模様)。250gですので、十分満足できました!もう1枚は、クリスマスにとっておきます。

このお肉が、1万円の寄付で頂けるので、かなり割は良い方だと思います。また来年も頼もうと思います!

 

 

楽天のふるさと納税(みかん編)

皆さんこんにちは。

ふるさと納税では、お肉や海産物などの返礼品を貰う方が多いと思いますが、フルーツ類も各種そろっています。今回私は、和歌山県の広川(ひろがわ)町に寄付をして有田みかんをGETしたのでご報告します。「ふるさと納税って何?」とか楽天でふるさと納税をすると得になるお話は、こちら

■広川町とは?

和歌山県の中央北よりに位置する町で、総人口7,000人程度の町です。有田郡に分類され、言わずと知れたみかんの産地です。平成8年に「ひろかわ町」から「ひろがわ町」に改名したそうですよ!

■申し込みは

寄付の申し込みは、ポイントを考慮して楽天で行いました。寄付額は12,000円で、なんと13キロの有田みかんを頂けます!1家庭で食べきるには多いくらいですね。

上の写真のように、みかんは2箱(8kg+5kg)に分かれて届きます。2つ目の写真は、5kgの方の中身です。

肝心のお味ですが、大きさや甘さは若干バラつきがあるものの、全てジューシーで外れがありませんでした。あまーいみかんが好きな方には少し甘味が足りないかも知れませんが、酸味と甘みのバランスがとれており、良いお味です。非常にジューシーなので、自家製スムージーの材料にも適していると思います。

また、このみかんを生産するたけひこオレンジ農園さんでは、ノーワックス・防腐剤不使用にこだわっていて、安心して食べられるのも良いです。

今年は、残念ながら本農園の有田みかんは売り切れになってしまいましたが、来年も是非申し込みをしたいと思います。また、みかん以外の柑橘類も返礼品にあったので、そちらも試してみようと思います。

 

 

 

iPadをノートパソコン代わりにする試み

皆さん、こんにちは

私は普段、セルラー版のiPad miniを持ち歩いています。安価なシム(私はIIJ mio)を挿しておけば、月1,000円以内でどこでもメールやWEBが使えるので、仕事にも重宝しています。しかし、やはりエクセルやワードをガシガシ使用したくなります。とは言え、iPadに加えてノートパソコンまで持ち歩くとカバンが重くなりますので、iPadのノートパソコン化にチャレンジしてみました。

■用意したものは?

・iPad mini(もちろんiPadでもOK)

・スティックPC(Diginnos Stick DG-STK3 )

・iPad・iPhone用アプリ「Duet  Display」(2017/12/13時点で1,800円)

・折り畳み式Bluetoothキーボード

・USB 指紋認証リーダー (DG-UA1 )

今回は、スティックPCを使用してみました。サイズは、112(幅)×36(奥行き)×11.5(高さ)mmで重さが約42gとコンパクトですが、Windows10が動きます。メモリは2GBでCPUも非力ではありますが、重たい作業でなければ十分使えます。そして、小型かつminiUSBケーブル+スマホ充電器で電源をとれることから、持ち運びにも適しています。本来はHDMI接続でTVに画面を出力するものですが、「Duet Display」というiPad・iPhone用のアプリを用いて、USBケーブル接続でiPadに画面出力することを目指します。

■事前準備

以下4点を実施しておきます。

①使用するiPadにDuet displayをインストールする

②スティックPCにもDuet displayをインストールする(インストールファイルのダウンロードは、以下のサイトから)https://www.duetdisplay.com/jp/

③スティックPCに指紋認証USBリーダーを挿し、予めご自分の指紋を登録しておく

④スティックPCと折り畳み式Bluetoothキーボードをペアリングしておく

■接続手順

まず初めに、スティックPCに電源を繋ぎます。上記のようにコンセントから給電しても良いですし、モバイル充電器を使うこともできます。そして、スティックPCのUSB接続部にはUSB指紋認証リーダーを接続しておきます。これはなぜかと言うと、DuetdisplayはWindowsにログインしないと使えないため、ログインパスワードの入力時にiPadへの画面表示ができないためです。そこで、ログイン時のパスワード入力を避けるために、指紋認証リーダーを活用します。

そして次に、Windows10が指紋認証により起動した頃を見計らって、指紋認証USBリーダーを取り外します。その後iPad側にてDuetdisplayのアプリを起動し、USB-lightningケーブルにてスティックPCと接続します。これでWindowsの画面がiPadに映る・・・ハズなのですが、なぜか映らない。

■原因究明

スティックPCをTVに接続し、原因を探ります。そうすると、iPadをスティックPCにつないだ後に、Windows側のDuetdisplayアプリがダウンすることが判明しました。PC側のDuetdisplayの設定でフレームレートを30に落とし、パフォーマンスも省エネにしてマシンへの負荷を低減させても同じ結果になります。

そこで、Duetdisplayの開発元に問い合わせをすると、最新のWindows10アップデートを適用したPCで認められているバグであるとのこと。「返金も可能ですよ」と案内を頂きましたが、とりあえずアプリの修正アップデートを待つことにしました。

そんな訳で、残念ながらiPadminiのノートPC化は失敗してしまいました。今後、Duetdisplayの修正アップデートを待ちつつ、別の手段を考えてみようと思います。

楽天のふるさと納税で牛肉GET!!!

みなさん、こんにちは。

突然ですが、冬はやっぱりすき焼きですね!柔らかい牛肉をトロトロの卵に絡めて頬張る・・・。一緒に入れた具材にも牛の味が染み込み、これまた最高です。しかし、美味しい牛肉は高くつきます・・・。そこで、おススメなのがふるさと納税です!

 

■ふるさと納税って?

ふるさと納税は、さまざまな自治体に寄付をすることで「寄付額ー2,000円」を税金から控除しつつ、返礼品も貰える制度です。言い換えると、実質2,000円で自治体の返礼品(特産物など)が貰えるお得な制度です!控除額の上限値などもあるので、内容についてはこちらをご確認ください。

■どこで申し込めば良い?

ふるさと納税申し込みサイトはいくつかありますが、その中でも特におススメなのが楽天です。理由は以前書いた通り、ポイントが付くからです。スーパーポイントアップ(楽天カードの使用、アプリの使用、楽天ブックスの使用などでポイントアップ)や、お買い物マラソンと絡めることで更にお得になります。10%ポイントまでもっていけば、10万円の寄付に対し1万ポイントが入手できます。つまり、実質2千円で10万円分の返礼品+1万ポイントGETとなり、やらない手はありません。

■入手した牛肉

そんな訳で、牛肉GETしました。寄付した自治体は、大阪府泉佐野市です。大阪市と和歌山市のほぼ中間にあり、関空がある市です。頂いたお肉は、こちらです。

良いサシが入っています。お肉も一枚一枚ビニールでくるまれていて、いかにも高級感があります。寄付額は1万円なのですが、400g×2パックで800g送られてきます。普通にその辺に売っているちょっと高めのお肉と同じくらいの寄付額かと思います。コスパ結構良いです。

さっそくすき焼きにします。4人家族なら2回楽しめるくらいの量です。

味ですが、お肉は柔らかくサシも適度で美味しいです。ただ、同じクラシタロースで言えば、以前に楽天のセゾンブジェで購入したお肉よりは下でした(こちらはA5ですし)。とは言っても、十分に満足できるお味でした!

 

 

ちなみに、先ほどご紹介したセゾンブジェさんのお肉は、大阪府松原市への寄付で頂けるようです。こちらは750gで2万円の寄付ですが、味にこだわる方はこちらも良いかも知れません。

 

 

今年も残すところあと僅かですので、遅れないようにふるさと納税しましょう!

新しいiPhoneのワイヤレス充電2

先日、新しいiPhone(iPhone8、iPhone8Plus、iPhoneX)で使えるbelkin(ベルキン)のワイヤレス充電パッドをご紹介しました。比較的安価(3,500円前後)であり、iPhone対応をうたっているので安心感がある良い商品ですが、さらにリーズナブルな商品を見つけたのでご紹介します。

 

これなんですけど、楽天で1,280円(送料込み)で入手して喜んでいたのですが、アマゾンで440円売っていました・・・送料は含まれていませんが、きっとこっち方が安いですね。あまりに安価でビックリです。

■肝心の充電性能は?

ただ、安くてもきちんと充電できなければ意味がありません。恐る恐るiPhone8を充電器に乗せてみましたが、無事に充電出来ているようです。充電時は、青色に光ります。充電していない待機状態では、赤色のLEDがわずかに光ります。

充電にかかる時間は、以下の通りでした。前回と同じく、バッテリーが70%の状態から100%になるまでの時間を計測しています。使った機種はiPhone8です。

・本機種:69分(91%充電まで36分)

・ベルキン:121分(90%充電まで68分)

これ、ベルキンよりだいぶ速いじゃないですか。ベルキン、3台も買ったのに・・・。iPhone付属の有線充電器とあまり変わらない感じです。

パッケージでは高速充電(FAST CHARGING SPEED)をうたっていますが、それに見合うだけどの性能がありそうです。アウトプットの電流値も最大1Aということで、iPhone付属の充電器と同等スピードなのもうなずけます。

とにかく安いので、iPhoneを置きそうな場所(リビング・寝室・職場)などにバンバン置いてみては如何でしょうか。私は4台目なので、若干余り気味ですが。

ちなみに、最新のiPhone(iPhone8、iPhone8Plus、iPhoneX)をお持ちでない方も、レシーバーなるものを購入すればワイヤレス充電が可能です。

 

 

 

こちらも、1個1,000円未満で入手可能です。最新のiPhoneの機能を体験できることを考えると、安い買い物だと思います。

さらに安くて良い充電器が出てきた際は、またご紹介したいと思います!

ふるさと納税でダイソンの掃除機GET!!

皆さん、ふるさと納税やっていますか?

以前ご紹介した通り、実質2,000円でさまざまな値打ち品を入手できるので、やらないと損です。今回は、ふるさと納税でGETしたダイソンの掃除機(V6・HH08DCCB)が届いたのですご紹介します。

■どこの自治体の返礼品?

岐阜県七宗町(ひちそうちょう)の返礼品です。寄付金は、現時点で89,000円です。市場価格が25,000円程度の商品です。結構人気らしく、私が初めて見つけた時は商品がなく入荷待ちでした。ショップ(自治体)に問い合わせをして入荷時ご連絡を頂いたのですが、私が入手した2日後には無くなっていました。今現在(2017/12/1)は在庫があるようなので、チャンスです!!

■返礼品の使い勝手は?

まず、この掃除機ですが、部屋全体を掃除するイメージではなく、車内とかソファとかふとんとか、限定した場所を掃除するためのものです。ですので、付属品には長いホースは付いておりません。普通の掃除機にとって代わる商品ではないので、その点だけお気を付けください(私は実は間違って入手しました)。

しかし、さすがダイソンだけあってなかなかの吸引力です。音も「キュイーン」と結構大きいです。さっそく我が家のソファを掃除してみたのですが、1分もせずにいっぱいゴミが溜まってきました!

この時期はダニが発生しやすくなりますので、ふとんもダイソンで掃除すると良いかも知れません。特に私はハウスダストアレルギーなので、しっかり掃除したいと思います。

■どうやって寄付すれば良い?

まず初めに、ご自分の収入等から寄付額の上限を調べましょう。上限を超えて寄付をしても控除の対象になりませんので、得になりません。以下のサイトで調べるのが良いです。私は前年度の確定申告の情報から調べていますが、当年度の納税額で決まりますので、収入が減った場合などは注意が必要です。

http://www.mmigr.jp/furusato/

ふるさと納税を出来るサイトはいくつかありますが、楽天が断然おススメです。理由は以前書いておりますが、ポイントが貯まるからです。額が大きいので、ポイントのアドバンテージはバカになりませんよ!!ダイソンの掃除機、無くなる前に是非GETしてください。

 

 

超薄型モバイルBluetoothキーボードWekey

こんにちは。

皆さんは、iPadなどのタブレットでメールを作成することはありますでしょうか。持ち運びに便利なタブレットを仕事に活用する方も多いと思いますが、ソフトウェアキーボードではスムーズな文字入力が困難です。そこで、Bluetoothキーボードの出番です。

 

しかし、せっかくスリムなタブレットを活用しようと思っても、キーボードがかさばっては元も子もありません。モバイル用であれば、折り畳み式であることは必須ですが、厚みも抑えたいところです。私は、いつもカバンにいろいろ入れて持ち歩くタイプなので、出来るだけコンパクトに抑えたい・・・ということで、超薄型の「Wekey」を購入しました。

なんと、閉じた状態で厚さ6mm。驚愕の薄さです。重さも100gを切っていて、持ち運び性は抜群です。上の写真で見えるように、側面にminiUSBの差込口があり、ここから充電することができます。

開くとこんな感じです。一度ペアリングを済ませれば、あとはキーボードを開くだけで自動的に接続してくれます。モバイルキーボードにしてはキーピッチも長いため、指が太い方にはちょうど良いかも知れません。ただ、キーは完全に平面なので、キーを打った感は全くありません。タブレットのソフトウェアキーボードと同じです。その代り、キータッチした際に「ピッ」という電子音が鳴るようになっており、「押せたか押せていないか」を判断できるようになっています(音は設定で消せます)。慣れるまでには、結構時間がかかりそうです。また、生活防水仕様だそうです。あまり活躍の機会はなさそうですが。

このように、若干タイピングには難があるものの、モバイル性は非常に高い商品になっています。見た目もスタイリッシュなので、外で使うのにも向いているかと思います。特にこの薄さは、人前で出すと「何これ?!」となること請け合いです。

キータッチに自信があり、薄さや見た目を重視する方は、購入してみては如何でしょうか?!

 

Let’note CF-XZ

皆さんは、お気に入りのPCシリーズはありますでしょうか?私は昔からLet’note のファンで、これまでに、Y・R・B・RZ・AXを使用しております!今回は、新しく入手したCF-XZをレビューしたいと思います。

■スペック

CPU:Core i5-7200U 2.5GHz

メモリ:8GB

ストレージ:256GB SSD

ネット・メール・ワード・エクセルなどの通常動作はノーストレスですし、100MB超えのエクセルや重いマクロを動かしても比較的よく動いてくれます。ストレージの容量も十分ですね!

■ベンチマーク

ほぼ同等のスペックを持つCF-B(プロセッサ7.1、メモリ7.4、グラフィックス5.6、ゲーム用グラフィックス6.3、ハードディスク5.9)に比べてもよいスコアとなっています。

■キータッチ

Let’noteシリーズはキー配置に若干のクセがあるものの、十分なキーストロークでストレスの無いタイピングができます。好みは分かれると思いますが、ノートパソコンの中では割としっかりしたキータッチで気に入っています。

■携帯性

重さ(約1.1kg)は申し分ないです。12型液晶を備える機種とは思えない程の軽さです。Let’noteは堅牢性に定評があり、持ち運びも安心です。厚さは22mmとだいぶ頑張ってはいますが、他社製品を考えるともっと薄くして欲しいなという気持ちです。但し、本機器は2in1なので、画面部分を外してタブレット方式にできます。

これであれば、重さは約0.55kgですし、厚さも9.5mmとなります。ただ、個人的には2in1のタブレットモードって、使えるシーンがあまり無いんですよね・・・。タブレットとしての用途であれば、iPadかiPad miniの方が断然携帯性もよく便利じゃないですか。これはあくまでもPCなので、PCとしての用途が求められると思うのですけど、それであればキーボードとマウス(もしくはタッチパッド)は必須ですし。そんな訳で、CF-XZは良い機種ではありますが、携帯性を考慮すると以前使っていたCF-AXに軍配が上がると思います。

CF-AXはスペック面では若干XZに劣りますが、通常の操作の範囲内ではノーストレスです。画面は11.6型と少し小さいものの、厚さが18mmと持ち運びにも適しています。ただ、このシリーズ廃版になったんですよね。バランス的に、Let’noteシリーズで一番の名機だと思うのですが・・・。

■結論

そんな訳で、スペックを追い求める方や、画面が大きい方が良い方、タブレットモードを使うシーンのある方は、新品でXF-XZを購入されるのが良いと思います。スペック面が多少劣っても良く、携帯性を重視されるのであれば、中古でCF-AXを買うのもアリだと思います。

CF-XZ(新品)だと、このくらいの価格

少しスペックを落とすと、価格もだいぶ下がります。

CF-AXの中古だと、だいぶリーズナブルですね!

皆さんも新しいパソコンを検討されてはいかがでしょうか?

新しいiPhoneのワイヤレス充電

こんにちは!

みなさん、新しいiPhone(iPhone8、iPhone8Plus、iPhoneX)は入手されましたでしょうか?新しいiPhoneの目玉は、やはりワイヤレス充電ですよね!ということで、さっそく試してみました。

私が使用している充電器は、belkin(ベルキン)のワイヤレス充電パッドです。同じような充電パッドはたくさんありますが、本製品は「iPhone対応」をうたっていることと、比較的安価(3,500円前後)なのが良いところです。

 

充電にかかる時間は?

では、実際の充電性能はどんなものでしょうか?通常のiPhone・iPadに付属の充電器と、充電にかかる時間を比較してみました。両方とも、バッテリーが70%の状態から100%になるまでの時間を計測しました。使用した機種はiPhone8で、結果は以下の通りです。

・ワイヤレス:121分(90%充電まで68分)

・通常の充電器:62分(88%充電まで26分)

・iPad用の充電器:58分(92%充電まで20分)

ちなみに、通常の充電器は、以下のものです。

iPad用は以下のものです。

普通の充電器と比べると、充電時間は約2倍と言ったところでしょうか。しかし、いちいちコードの抜き差しをする必要がないので、常時充電しておけばあまり気にならないと思います。私は、充電器を3台購入し、リビング・寝室・職場においておりますので、いつも満充電を保てています!ただし、急いで充電したいときは、通常の充電器を使ったほうがよいですね。あと、iPad用の充電器は2.1A仕様なので速いと思っていましたが、意外と変わりありませんでした。

使用上の注意?

まず、先ほどご紹介したベルキンのワイヤレス充電器には、USB充電器(コンセントにつなぐ部分)が付属されていません。さらに、2.1A仕様のものが必要ですので、iPhone付属の充電器ではなく、iPad用の充電器などが必要です。お手元にiPad用の充電器がない場合は、別の商品を入手してください(1,000円程度)。

 

 

もう1点、大事な注意があります!!本製品に限らず、ワイヤレス充電器を使用していると、不思議な力によりiPhoneの位置がズレて充電が止まることがあります・・・

何度中心に戻しても、気が付くと自然に上の図のようにズレてしまいます・・・はじめは「子供が触ったのかな?」 などと考えていましたが、どうも違う模様・・・。

しかし、よく見ていると原因がわかりました。iPhoneの通知でバイブ機能が働き、位置がズレていただけでした(笑)ですので、ベルキンの商品に限らず、ワイヤレス充電を用いる際はマナーモードにしない方が良いです!

それでは、新しいiPhone生活を楽しみましょう!